記事一覧

震災復興イベント「TEDxTohoku 2014」のスポンサーシップについて

皆様、こんにちは。
ロケーション社では、10月12日に仙台市で開催される、震災復興イベントTEDxTohoku 2014のコアパートナーとして参加することになりました。

TEDxTohoku 2014は、「東北を創る人を増やす」という団体理念のもと、表面化されていない東北のアイデアを発掘し、東北発のアイデアを全国に発信することにより、東北発のアイデアを共有する機会を提供するものです。
会場はせんだいメデイアテーク(仙台市青葉区春日町2-1)です。
http://tedxtohoku.com/

当日は、東北にゆかりのある、多くの起業家や大学関係者、住職、経営者、ジャーナリストの講演があります。
ロケーション社では、ブースを出展する予定です。是非、お出かけください。

日本に生活していると、日常的に、災害と隣り合わせです。
先日も御嶽山が突然噴火し、多くの犠牲者が出てしまいましたし、秋になると台風も毎週のように日本に近接します。大雨による土砂崩れも、全国で発生します。

小職が以前、住んでいた、シアトル、リオデジャネイロといった都市は、様々な社会的な問題は抱えつつも、天候や気候という意味では、ほとんど一年中、温暖で平穏な生活が送れる場所でした。
降雨があるといっても、額が少しぬれる程度で、かえって気持ちがいいほどです。
安定した地殻の上に国家があるフランスやブラジルの人にとっては、地面が振動する地震など、一生遭遇しない人がほとんどと言っていいくらいです。

日本は、治安や貧困、人種差別といった人為的な問題は他国に比べると少ないかもしれません。
しかし一方、日本は地殻変動があり、火山の噴火や大地震のリスクと隣あわせで、生活しないといけません。
ある意味、世界で、最も危険度の高い地面の上に、我々は毎日生活をしています。

忘れることもしない3年前の東北大震災、どんなに時が経とうが、この震災を目撃、体験した我々は、一生忘れてはいけない出来事でしょう。
どんなに時間がかかろうが、それぞれの立場で、少しでも、東北の復興に支援できればと思っております

終わり